千の福めぐり
千の福めぐり

「千の福めぐり」旅立ちの時

2012年グッドデザイン賞受賞
輝くGマーク

2012年グッドデザイン賞において『千の福めぐり』がグッドデザイン賞を受賞いたしました。未来に向けての、日本酒ライフの提案が認められたことが嬉しくもあり、あらためて緊張しています。
下記のように、審査員の方から受賞理由のコメントをいただきました。

グッドデザイン賞受賞理由(審査員コメント)

若者の日本酒離れが進む中で、パッケージデザインによって新しい飲酒スタイルを提案している商品。日本酒の持つ負のイメージを払拭し、少量のお酒をカジュアルにスマートに楽しんでもらおうとする試みが評価された。グラスも不要で、軽くて携帯しやすいので、日本酒の飲酒シーンを広げていくことだろう。

  • 千の福めぐり

  • Thousand Happy Partyの様子

グッドデザイン賞について

「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」です。
以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けています。
グッドデザイン賞の審査は、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」、つまりくらしを、産業を、そして社会全体を豊かに導くであろうデザインを選び出すことです。

グッドデザイン賞の理念
人間(HUMANITY)
もの・ことづくりを導く創発力
本質(HONESTY)
現代社会に対する洞察力
創造(INNOVATION)
未来を切り開く構想力
魅力(ESTHETICS)
豊かな生活文化を想起させる想像力
倫理(ETHICS)
社会・環境をかたちづくる思考力

GOOD DESIGN AWARD HPから抜粋)

これから『千の福めぐり』の旅がいよいよ始まります。
これからの日本酒ライフの提案です。
日本酒は思いやり飲料です。人に思いやりを、そして自分にも思いやりを……。
『千の福』が皆様に舞い降りますように……。