千の福net ほろ酔い飲みュニケーション

なんでも研究室トップに戻る
お酒と健康
気になる項目をクリック!

日本酒とアミノ酸

日本酒の成分ラベルには「アミノ酸度」という言葉が記されています。
これは、清酒中に含まれるグルタミン酸などのアミノ酸量を表した数値で、清酒の旨味や熟しやすさ等に影響する要素です。1.0〜2.0の間の値が多く、アミノ酸度が適度にある日本酒は、コクのある味わいになります。
日本酒の味わいにも多く影響しているアミノ酸は、タンパク質の構成要素です。
タンパク質(アミノ酸)は、内臓・筋肉・血液成分・神経・皮膚・酵素・遺伝子(DNA)などの多くのホルモンをつくっています。まさに、人間の生命である、体をつくる主成分といえますね。
また、アミノ酸には、下記のような身体的に有効な「5つのパワー」があります。
1. 体力アップ&疲労回復
2. 脂肪燃焼&ダイエット
3. 免疫力アップ
4. 肌すべすべ&美肌
5. 脳の活性化&集中力アップ

アミノ酸のもつ「5つのパワー」の働きを簡単にご紹介します。

1. 体力アップ
「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」「アルギニン」は体力アップアミノ酸です。
とくにバリン・ロイシン・イソロイシンは「BCAA」と呼ばれて注目されています。
体は活動するエネルギーを得るために糖や脂肪分を燃焼させますが、それと同時に疲労物質の乳酸を生成してしまいます。しかし、体力アップのアミノ酸は、乳酸をほとんど発生させずにエネルギーを作ることができ、しかも筋肉を作る主成分となるために、運動時に摂取することにより、筋肉の破壊を最小限に抑え、疲労が抑制されます。

2. 脂肪を燃焼
「リジン」「プロリン」「アラニン」「アルギニン」は脂肪燃焼アミノ酸として、やせやすい体・太りにくい体をつくるダイエットアミノ酸です。
脂肪分解酵素のリパーゼの働きを活性化することで脂肪の燃焼を促し、分解されて血中に放出された脂肪分を効率よく燃焼するのを助けます。

3. 免疫力を高める
「グルタミン」「アルギニン」は免疫力を高めるアミノ酸です。
免疫力とは、風邪などのウィルスが体に入ったときに免疫細胞などの働きにより、ウイルスを撃退してくれる力です。ガン細胞などにも効く大事な力です。
グルタミンは、いち早く免疫細胞に吸収されてエネルギー源になったり、免疫細胞の増殖に役立ち、アルギニンはガン細胞を殺す物質を生成します。

4. 肌すべすべ
健康な肌は皮膚のコラーゲン層の水分・油分・弾力が保たれた状態をさし、コラーゲンの主原料といわれているのが「プロリン」「アルギニン」です。
20歳頃からコラーゲンの生成が衰え、肌の老化が始まります。そこでプロリン・アルギニンを摂取すると、コラーゲンが作られ肌が再生されるのです。また、これらのアミノ酸には、しみ・そばかすの原因とされているメラニンの過剰生成を押さえる働きもあるそうです。

5. 脳を活性化
脳の活性化には、集中力とリラックスの切り替えが必要になります。
集中力を高めるときは、脳が活発化されドーパミンという神経伝達物質が大量に放出されて、脳が覚醒されます。そのドーパミンの原材料が「チロシン」です。
今度は反対に、脳をリラックスさせるために「トリプトファン」が神経物質セロトニンの分泌を促し、栄養補給と休憩をさせることにより、更に脳が活性化されるということです。
最近忘れっぽくなったとお感じの方、テスト前や重要会議の前の人々には大事なアミノ酸ですね。

アミノ酸の持つパワーをうまく活かし、上手にとって有効活用したいものですね。
かといって摂り過ぎにも注意です。

☆お酒のラベルについてはこちらから>>

基礎体力も大事ですよ!
妊娠中・授乳期の飲酒について

赤ちゃんはおなかにいる間は、胎盤を通じて母親の血液から栄養をもらっています。
母親がお酒を飲めば血液中のアルコールの濃度が高まり、赤ちゃんも影響を受けます。
妊娠中にお酒を飲むことで、生まれてくる子供に見られる障害を「胎児性アルコール症候群」(FAS=Fatal Alcohol Syndrome)と言います。日本では近年女性の社会進出に伴い女性の飲酒機会が増えていますが、妊娠中の飲酒が胎児へ与える影響はあまり知られていません。
妊娠中・授乳中のアルコール摂取を避けることで、「胎児性アルコール症候群」は100%回避できます。
産まれてくる子供のためにも、妊娠がわかった時点で飲酒をやめるようにしましょう。

胎児性アルコール症候群FASのサイトで、「胎児性アルコール症候群」の詳しい情報を得ることができます。
赤ちゃんとアルコール 「胎児性アルコール症候群」
http://www.geocities.jp/fas_japan/

日本酒とうまく付き合う

日本酒は古来から「百薬の長」と呼ばれ、適量の飲酒は心にも体にもよいとされてきました。
それは「健康」であってこそ受けられる、日本酒の恩恵だといえますね。
うまく日本酒と付き合うための心得で、いつでも幸せな気分なお酒を楽しんでください!


(1)適度な飲酒で日本酒の健康効果を得る!
適量の日本酒を飲むことで、成長・神経発達・生殖・免疫・平均寿命の増進・美容効果など、体に良いとされる様々な効力をもたらしてくれます。ただ大量に飲めばいいのではなく、自分の適量をゆっくりと時間をかけて飲むことで、日本酒の健康効果が発揮されます。
飲みすぎは逆効果となりますので、くれぐれも要注意です。

(2)肝臓をいたわる飲み方を!食事と共に楽しみましょう。
お酒に強い人は、肝機能も強いわけではありません。
お酒を飲めば飲むほど、肝臓は酷使され肝臓の代謝に必要なビタミンB類の消費が高まります。
お酒を飲む際は、大豆・落花生・レバー・魚卵・卵黄・豚肉など肝臓をいたわるビタミンB1を含んだ料理や肴と一緒に楽しみましょう。
また、週に一回は「休肝日」としてお酒をひかえる日をつくることも必要ですね。

(3)「ほろ酔い」かげんで翌日に残さない飲み方を!
勧められたからといって、いろいろなお酒を暴飲しないように気を付けましょう。
自分に合ったお酒の量で、心穏やかにゆっくりと味わうことによって、日本酒の薬効がじんわりと染み渡り、脳や神経をリラックスさせ、心と体のストレスを解消してくれます。
しかし、いくら「百薬の長」と呼ばれる日本酒でも、飲みすぎは身体に毒となりますので、お酒は軽く一杯程度が一番よく、よく飲んで清酒で二合、多くても三合ぐらいまでにしておきましょう。

※適量とは、飲めるだけの量ではなく、飲酒による悪影響を翌日に残さない量のことです。
アルコールの体内代謝時間は日本酒1合を飲んだ場合で4〜5時間後、3合で10〜12時間後にアルコールが分解されます。たとえば翌朝6時起床の人なら、夜10時にはおひらきとしたほうがよいですね。

以上のことから、日本酒の効力を余すことなく美味しく楽しく飲むためには、日頃のちょっとした心得と本人の健康管理が必要ですね。どんなに勧められても、適量で止める勇気と断る勇気を持ち、他人にも無理に勧めないように心がけましょう。

※お酒に酔う仕組みは下記の「泥酔注意!」を参照にしてください。
日本酒の成分は下戸にも有効

さまざまなお酒やアルコール類がありますが、日本酒は「米の水」と言われ、15〜16%のアルコール分のほかに、酸・アミノ酸・アミン・砂糖・ビタミン・その他約10種類以上もの微量物質が存在し、それらが日本酒独特の風味や旨みを醸しだしています。その中には、体内で作り出すことのできないもの、つまり食物から絶対に摂取しなければならない必須アミノ酸(※表1参照)も多く含まれ、他のアルコール類とくらべ体に有益なお酒といえます。

また、お酒を造った後にできる「酒粕(さけかす)」には、麹(こうじ)の有効成分が残っており、血圧を下げる効果や、コレステロール減少、がん細胞の増殖をおさえるなどの効果があるそうです。

日本酒に含まれるアミノ酸の量は、吟醸酒・純米酒から普通酒までで、100mlのうち10〜200mg含まれるとされています。しかし、料理酒に含まれるアミノ酸は、普通酒の約4倍、純米酒の約3倍と、アミノ酸が豊富で(※表2参照)、日本酒と同じように精製されるため、ビタミンB1・B2なども普通酒よりも多く含まれています。

以上のことから、日本酒を飲めない「下戸(げこ)」の人でも、酒粕や料理酒を使うことによって体に有益な日本酒の恩恵を受けることができますね。

※表1 必須アミノ酸 ※表2 アミノ酸総量
バリン ・ロイシン・イソロイシン・リジン・スレオニン・メチオニン・トリプトファン・フェニルアラニン・ヒスチジン
・普通酒=131.1mg
・純米酒=202.2mg
・料理酒=563.2mg

☆ちょっとおまけ☆
日本酒に含まれるアミノ酸の中に比較的多いのは、グルタミン酸・アラニン・ロイシン・アルギニンなどです。
グルタミン酸は脳の機能を、アラニンは免疫力を高め、ロイシン(イソロイシン・バリン)は、たんぱく質の代謝調整を行い、アルギニンは精子数を増加させる働きがあるのだそうです。

血圧の安定・美肌効果には酒風呂

疲労回復やリフレッシュにはお風呂が効果絶大といわれています。
その効果を更にアップさせるといわれているのが、白湯(沸かしただけで何も入れない湯)に日本酒を入れて入浴する「酒風呂」です。

通常、健康な男性は、入浴した後20分経つと血圧は平静時の状態に戻るそうです。ところが、「酒風呂」に入ると、湯上り直後から最小血圧が下がり始め、20分経過しても安静時より血圧が低い状態が保たれることがわかり、「酒風呂」効果は体をしっかり温め、血圧の安定にも役立つ事が実験で確認されているそうです。
これは37度というぬるめのお湯が効果的だそうで、やり方はお風呂のお湯にコップ2〜3杯の日本酒を加えてかき混ぜるだけ。
入浴剤よりも手軽に素晴らしい効果を発揮してくれそうですね!

また、日本酒には、肌の美肌効果・保湿効果など、さまざまな美容効果があるとされています。
酒風呂は、保湿効果にすぐれ肌が乾燥しにくくなるということが実験で確認されています。日本酒で身体を温めると、皮下組織細胞の働きが活発になり、汗を多量に分泌する汗腺の異常が調整され顔や首筋の多汗症がおさまるとされています。
男性にも女性にもおすすめの健康法ですね。
さっそくお試しになってみてはいかがでしょう。

糖尿病と日本酒の関係

糖尿病とは、成人期後半に多く見られる病気で、持続性の高血糖と尿中への糖排出を特徴とするインシュリンの不足による代謝障害のことです。遺伝的素因に肥満・感染・妊娠などの誘因が重なり発症すると言われています。初期には症状が見られず、進むと多尿・糖尿・多飲・多食・全身倦怠などの症状が現れ、網膜症・腎症・神経症・動脈硬化症などを併発、重症では昏睡・脱水症を起こすなどと結構怖い現代病となっています。

その原因のひとつにアルコールの多量摂取などが含まれますが、糖尿病と日本酒は直接の関係はありません。
アルコールは1gにつき7キロカロリーあり、これはどんなお酒でも同じです。
糖尿病に日本酒の糖分が良くないとか、日本酒はカロリーが高いからなどという意見がありますが、むしろ日本酒には、血糖値を下げる「インシュリン」の物質が含まれていることが解明されており、糖尿病の治療方法として食餌療法・運動療法の他に、インシュリン注射が有効とされていますので、多量摂取しなければ、身体に優しいお酒ということになります。

日本酒に限らず暴飲暴食にはご注意を。

酒は百薬の長!!その1

「酒は百薬の長」という中国古代の史書『漢書』から出たことわざがあります。
ことわざの通り、大昔はお酒を薬として使用していたことがあるそうです。
最近では、様々な効能がある日本酒を健康の維持・増進にメリットがある飲み物として、科学的な裏付けを与える研究が行われています。

 〜日本酒と善玉コレステロール〜
善玉と悪玉の2種類あるコレステロール。善玉のほうは、血管や組織に溜まったコレステロールを肝臓に逆輸送して処理してくれ、これを増やす効果があるのが適量の飲酒。(あくまでも適量ですよ!)総コレステロール値が高くても、善玉のほうが適度に多ければ動脈硬化なども進みにくくなると考えられています。

 〜日本酒でガンを抑える〜
日本酒には100種類を超える微量成分が含まれており、そのいずれかがガン細胞の増殖抑制作用を持つと考えられています。 ガンの発生を軽減するという疫学的研究で、人のガン細胞に日本酒の濃縮液を添加する実験を行なったところ、ガン細胞の増殖が著しく抑制されたという結果が出たそうです。

 〜日本酒は太る!?〜
そもそも肥満にはお酒の種類は関係ありません。日本酒(一合は約200キロカロリー・ご飯一杯分)そのものよりも、総摂取カロリーの問題なのだそうです。お酒と一緒に摂る食事を、お刺身・焼き魚・豆腐など低カロリーのものを選ぶなど肝臓への負担を少なくし、適量のお酒と食事をゆったりと楽しむことが健康と美容の秘訣といえます。
酒は百薬の長!!その2

適量のお酒は様々な用途で健康にとても役に立ちます。
ご家庭でも簡単にできる「お酒の薬」をご存知ですか?

 〜Jカーブ効果〜
これは個人差などもありますが、お酒を全く飲まない人よりは適量を飲む人の方が死亡率が低く、大量に飲む人の死亡率は上昇するというデータのことをいいます。飲酒による心疾患、成人病などの予防効果が要因ではないかと言われています。
まったく飲まないよりは適度の飲酒は健康に良いということですね。

 〜食前酒で食欲増進〜
食前酒には胃液の分泌を高め、消化を助ける効果があります。
また、アルコールが脳に作用し、気分がリラックスするので、食欲が増進され食事がおいしくいただけます。

 〜風邪にはたまご酒〜
熱燗の日本酒によく溶いたたまごを入れてかき回し、すりおろしたショウガを入れて飲みます。
お好みではちみつを入れても良いでしょう。お酒が体を温め、たまごの滋養が体力の回復を助けます。
昔から伝わっている風邪薬といえますね。

 〜冷え性にはショウガ酒〜
燗をした日本酒にすりおろしたショウガを入れて飲むと、体がポカポカとしてとても温まります。
日本酒とショウガのダブルパワーですね。美容にもいいそうです。

 〜滋養強壮・疲労回復にはニンニク酒〜
ニンニクを蒸して臭いを取った後、すり下ろして日本酒と混ぜます。
お好みでレモン汁などを入れて飲みやすくしても良いでしょう。血行を良くし、新陳代謝を促して活力へと導きます。

 〜ストレスには紫蘇(しそ)酒〜
紫蘇(しそ)の葉を干した後、日本酒に漬けて、2〜3ヶ月したらはちみつなどを加えて飲みます。
紫蘇と日本酒の組み合わせは精神安定作用や浄血作用などの効果があります。
また、胃の調子が悪い時にも良いでしょう。
泥酔注意!

〜何故お酒に酔うの?〜

人間の体内にアルコールが入ると、胃から20%・腸から80%吸収され、全身の血液に溶けて肝臓に運ばれた後分解されます。その仕組みは、体内に入ったアルコールが、まずADH(アルコール脱水素酵素)によりアセトアルデヒドという物質に変化します。これが、有害物質であるため顔が赤くなったり、動悸、頭痛などの症状が引き起こされます。これが「酔う」という現象です。
その後、アセトアルデヒドがALDH(アルデヒド脱水素酵素)により無害なアセテート(酢酸)に分解され、血液を通って水と炭酸ガスに分解されるにつれ、酔いはさめていきます。
下記の表内容を頭に入れておき、自分に合った無理のない楽しいお酒の飲み方を心がけましょう!
血中アルコール濃度(%) 酔いの状態
爽快期
0.02〜0.04
・気分爽快    ・陽気になる
・皮膚が赤くなる ・判断が少し鈍くなる
ほろ酔い期
0.05〜0.10
・ほろ酔い気分で気持ちが良くなる
・抑制がきかなくなる ・体温が上昇、脈が早くなる
酪酊前期
0.11〜0.15
・気が大きくなり、大きな声を出す
・立つとふらふらする  ・怒りっぽくなる
酪酊後期
0.16〜0.25
・千鳥足になる ・眠気や吐き気がする
・何度も同じ事をくり返す
泥酔期
0.26〜0.35
・まともに立てない ・話が支離滅裂になる
・意識混だく
昏睡期
0.36〜
・昏睡状態 ・死亡  ・呼吸がゆっくりと深くなる

アルコールが体内からなくなる時間の公式は
〔飲酒量(ml)×酒のアルコール濃度(%)÷100×0.8〕  ÷ 〔体重kg×0.15(体重1kg当たり1時間で分解できるアルコール重量)〕飲酒時間 だそうです。 
具体的には、清酒1合をいっぺんに飲むとアルコールが消えるのに2.4時間かかるそうです。

女性に嬉しい日本酒効果

日本酒が美容にいいことをご存知ですか?
皆さん、日本酒を飲んだ翌日は、なんだか肌がしっとりしてる……?と感じたことはありませんか?
ここでは、日本酒の美容効果をご紹介します。おいし〜い千福を飲んで、気持ちよ〜く酔って、さらにキレイになれちゃうなんて、一石二鳥ですよね!?ただし、飲みすぎは禁物です。

ストレスを解く
筋肉のこりをほぐし、緊張で収縮した血管の働きをなめらかにします。
人は緊張したり心配事などが重なるとストレスがたまります。こんなときは気分転換!
お酒を飲むことで、大脳皮質の抑制が解けて、精神的なストレスの解消になります。注目したいのは、日本酒には収縮した血管の流れをよくする働きがあることです。ストレスを感じたときは、日本酒を飲むことで、入浴やマッサージと同じように筋肉のこりをほぐすことができます。中でも毛細血管の働きを活性化することがわかっています。
日本酒はお肌の健康面からも、その効用が注目されているのですね。
うるおいを保つ
乾燥しやすいお肌の悩みには、酒風呂の保湿効果でしっとり肌へ。
お風呂に日本酒を入れて入浴する酒風呂は、美容と疲労回復に欠かせません。なぜかというと、保湿効果にすぐれ肌が乾燥しにくくなるということが実験で確認されているのです。日本酒で身体を温めると、皮下組織細胞の働きが活発になり、汗を多量に分泌する汗腺の異常が調整され、顔や首筋の多汗症がおさまるとされています。
作り方は簡単。37度前後の風呂のお湯にコップ2〜3杯の日本酒を加えるだけです。
市販の入浴剤など足元に及ばない素晴らしい効果を発揮してくれるはずです。
つやを増す
楽しく飲むうちに、皮膚全体に栄養分を届け、ストレスをやわらげ、お肌をより艶やかにします。
アルコールは全身の毛細血管を広げ、血行をよくする働きがあります。特に日本酒を飲んだときは、他のアルコール飲料のときよりも、体温が2度ほど高い状態が続きます。体温が高いということは、皮膚の表面の血液循環がよくなるということ。血液中の栄養素を身体のすみずみまでいきわたらせ、お肌も自然と輝きが出てくるのですね。
日本酒はどんな温度でも同じ効果が得られるので、冷え性の予防など、美容と健康に最適のお酒と言えますね。
酒粕パック

日本酒を造るときに出る「酒粕(さけかす)」
この酒粕が、とってもお肌にいいそうです。酒粕で作る「酒粕パック」の作り方と使い方をご紹介します。

酒粕パック
  作り方
材料:
(1週間分)
酒粕100グラム 
日本酒または精製水 120〜150ml

1.酒粕をちぎってすり鉢に入れ、2分の1の日本酒または精製水を加え10分ほどおきます。

2.水分を含み酒粕がやわらかくなったら、よくすってなじませます。足りない時は適度に水分を加えます。

3.全体になじんだら、残りの日本酒(または精製水)を加え、なめらかになるまですります。

4.酒粕のつぶつぶがなくなればできあがりです!
日本酒の量は酒粕のかたさに応じて加減し、できあがりの際、使いやすいかたさは、角がたつ程度がおすすめです。清潔な容器に入れ、冷蔵保存で1週間くらいで使いきってください。

千福女性社員からのコメント
毎年冬には乾燥で手ががさがさに荒れてしまい困っていましたが、入浴中に顔と手に酒粕パックを行ったところ、とても肌の調子が良くなりました。みなさんもぜひお試しください。
(使用前には腕などに少量のパックをつけ10分ほどおいて洗い流して、肌が赤くなったりしないかパッチテストを行うことをおすすめいたします。万一、肌に合わない場合にはご使用をお避けください。)
  使い方
1.クレンジング、洗顔をして、水気をふきとります。
2.容器内を清潔に保つために、使う量だけの酒粕パックをスプーンなどでとり、顔にぬります。
  首や手などの気になる部分にもぬります。
3.パックをつけたまま15分間待ちます。
  その間、汗でパックが流れるようなら適度につけ足して下さい。
4.水かぬるま湯で洗い流します。
  パックの作用で毛穴や皮脂腺などが開いているので、最後は水でひきしめます。

〜純米酒の化粧水効果〜
純米酒に含まれる成分には、さまざまな美肌効果があります。
例えば、アミノ酸には保湿効果。アルコール分には洗浄作用や毛穴をひきしめる作用があるなど、女性に嬉しい美容効果があるのです。自然の力でしっとりと内側から輝くようなお肌になれますよ!

*千福「純米酒」の商品詳細はコチラ!≫

最新更新日:2007/6/6
なんでも研究室トップに戻る