福の会 =千の福が集う場所=
福の会

第199回広島福の会レポート

開催日
平成29(2017)年3月14日(火)
会場名
ANAクラウンプラザホテル広島
広島県広島市中区中町7-20
開会時間
午後6時から午後7時半まで
(受付は午後5時から順次)

第199回広島福の会へようこそ!

今年広島で最初となる「広島福の会」が、ANAクラウンプラザホテル広島で開催されました。
当日は風が少し冷たかったものの晴天に恵まれ、ホテルの前にある花壇には、色とりどりのパンジーが咲いていました。春の訪れを感じますね!

 

約4ヶ月ぶりの福の会とあって、広島地区担当の藤村は少し緊張している様子。
会場では予定時間より早く準備が終わり、入念に最終チェックをしました。

当日は138名(事務局集計)の方にお越しいただきました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございます。

 

入場までぜひ利き酒にチャレンジしていってくださいね!
今回はちょっと難しそう……。納得いくまでお利きください。
くれぐれも、福の会が始まる前に酔ってしまわないよう、気を付けを。

本日のお酒とお料理

本日お楽しみいただけるお酒は、旬の蔵出し一番「しぼりたて」「蔵生地」と「もみじ吟醸」「ウキウキレモン酒」、そしてお燗で「上撰吟松」です!
お料理と一緒にお楽しみください。

ウエルカム酒をどうぞ

いよいよ入場の時間がやって参りました!世話人さんと弊社社長によるウエルカム酒の準備も万端のようです。
押さず走らず、お好きな席へお進みください。

開会に先立ちまして、ご挨拶をいたしました

広島福の会 島村会長 開会の挨拶

皆さん、こんばんは。ようこそいらっしゃいました。何か月ぶりでお会いできて嬉しゅうございます。
今日は春ということで、春といえば酒が飲みたくなるという、夏といえば酒が飲みたくなるという……。年中飲みたいわけです。

 

いろいろお酒もありますが、年に一度の寒仕込み大吟醸新酒というのがあります。
日本酒が一年でもっとも美味しく仕上がるといわれる寒の時期、寒さの厳しくなる12月中旬から低い温度でゆっくり発酵させ、米のうまみがじっくりと酒に溶けて美味しいお酒に仕上がります。……と、いうことで、テーブルの上に青色の瓶の「純米大吟醸 しぼりたて」というのがございます。それからもう一つ、緑色の瓶が「大吟醸 蔵生地」です。
しぼりたて、よろしゅうございますね。

 

久しぶりの顔を見ながら美味しい酒で、楽しいひと時を過ごせるというのも、我々が健康であるからです。
今回の福の会は第199回、次回はなんと200回。……だからどうしたんだということですが、嬉しいじゃございませんか。
ただ千福の酒を頂くだけで、こうして我々が集まって楽しんでいるわけですが、それが200回。次回は今日の倍の人数で、友達を呼んで一緒にお酒を飲めたらなと思っている次第です。
今日も楽しく酒をいただきましょう。ありがとうございました。

千福 三宅社長挨拶

皆さん、こんばんは。

 

先月、「あっぱれ熟年ファイターズ」というテレビ番組の中で「この世界の片隅に」という広島と呉が舞台になったアニメにちなんで15分ぐらい出させていただきました。でも実際は2時間くらいしゃべったんですけどね。2時間ぐらいしゃべって15分……まあそんなもんかなぁと思います。
熟年ファイターズを見られた方もいらっしゃると思うんですが、元野球選手の渡辺弘基さんと、松本裕見子さんという非常によくしゃべる女性がいらっしゃいましたが、次のロケがあるはずなのに、まあ二人とも飲むこと飲むこと。好きなんですよね。試飲というかテイスティングの予定だったんですけど、全部片っ端からお飲みになります。
そういう、なかなか面白いロケというか取材で、ご本人から後でお礼の電話がありまして、大変バランスがとれたいいロケだったとおっしゃっていました(笑)。

 

「この世界の片隅に」のエンドロールに、私の名前が出てきます。
あれを見て、お金をたくさん出したと勘違いをなさる方がいらっしゃるんです。お金を出したから映画の中で電信柱に千福っていうのが出てくるとか、焼野原の呉の遥か彼方の方に千福の煙突が映ってる、と思われるんですが、あの監督は基本的には史実に基づいて描かれていますので、決してうちがお金を出したからという話ではありません。遊郭のあそこに電柱があって、それに千福という看板があったという写真が残っています。
ただ、どうも協賛をしたと思われている方から、最近、映画を作るからお金を出してくれませんか、という話が来まして(笑)、あの映画には、私が個人的にクラウドファンディングで一万円出しただけです。
クラウドファンディングと、あとは資料を結構提供させていただきました。戦前戦中の資料で、写真や絵葉書、書き物などを、監督が来て随分熱心に写真を撮って帰られまして、使っていただいています。資料提供で名前が出ているということで、別にお金を出したからということではありませんと、この場ではっきり申し上げておきたいと思います。
作品にちなんだお酒も出させていただいていまして、アニメというのはファンが多いなあと思います。聖地巡礼というそうですが、モデルとなった場所を回られる方もいらっしゃいます。結構良い大きなカメラを下げているので、すぐ分かるんですが、それで街の方を歩いて写真を撮って行かれる傾向があるようです。大変街が賑わうことだと思います。

 

さて、桜の花の便りも、もう少しです。今年は遅いようですが、ぜひともお花見には一献傾けて、花を愛でながらお酒を愛でていただければと思います。
それでは本日ご出席の皆様方のご健勝を祈念申し上げまして、杯を上げさせていただきたいと思います。ご唱和ください、それでは乾杯!!どうもありがとうございます。

きき酒正解者の発表です!

福の会恒例「きき酒大会」の結果発表です。
なんと今回の挑戦者は91名!多くの方がチャレンジしてくださいました。ありがとうございます!
しかし正解者は17名。正解率は約18%でした。やはり少し難しかったようです。
使用したお酒は「上撰ふくぱっく」「精撰ふくぱっく」「純米酒」でした。

 

正解者の皆様には、弊社社長の三宅より「上撰ふくぱっく(900ml)」が贈られました。
おめでとうございます。

ちなみに、この「上撰ふくぱっく」今までのものとはちょっと違います。お気づきでしたでしょうか?
なんとパッケージがリニューアルしました!
それにちなんだキャンペーンも開催しています。詳しくは「千福と生涯を添い遂げてくださいキャンペーン」まで。

お待たせしました。お楽しみ抽選会の始まりです!

いよいよ皆様お待ちかね、広島福の会抽選会の始まりです。
本日3月14日のホワイトデーにピッタリの『千福ボンボンチョコレート5個入り』も賞品です!また、旬の蔵出し一番「しぼりたて」「蔵生地」など、何が当たっても嬉しいですね。
宝くじよりもよく当たる、約5人に1人の当選者を決めるのは、世話人さんと弊社社長の三宅です。
さあ、張り切っていきましょう!

 

一等賞:「大吟醸 王者」720ml
二等賞:「純米大吟醸 蔵」720ml
三等賞:「大吟醸 蔵生地
千賞:「純米大吟醸 しぼりたて
福賞:「千福ボンボンチョコレート」

残念ながら当選されなかった方には「上撰Vパック」をお持ち帰りいただきました。
次回の抽選会もお楽しみに!

大盛況で満席となった会場では、どのテーブルも大盛り上がり。ここで皆様の笑顔を紹介します。

抽選会で当たりの多い万福なテーブルもありました。

 

取材担当者は、カメラを持って各福の会の会場にいます。お気軽にお声かけください!

次回の福の会でお待ちしております。

取材者:向井裕香
更新日:2017/3/27