福の会 =千の福が集う場所=
福の会

備後福の会のご紹介

会の歴史

「備後福の会」は、昭和45(1970)年11月、福山青年会議所のメンバーを主体に発足し、年1回の例会を盛大に催しています。初回は詩人サトウハチロー氏も出席され、会を盛り上げました。

2004(平成16)年11月22日 開催の第35回福の会の模様

会長ご挨拶

どこの福の会もお酒を愛する人の集まりですが、備後福の会が行われている福山は、その地名から「福」つながりで千福の愛飲者が特に多い地域です。

 

福山は福山城とバラが有名な地域です。備後福の会は、情緒とお酒を愛する方々が、年に1度ではありますが、和気あいあいと千福を楽しむ会を行っています。

備後福の会 西山会長

世話人ご紹介

備後福の会の世話人は合計5名いらっしゃいます。
福の会では、前準備や司会、会場にいらっしゃった会員の皆さんのおもてなしをさせて頂いています。

西山 会長
福の会参加:1991年〜
会長就任:2013年〜

北村 世話人
世話人就任:2011年〜

内海 世話人

五十嵐 世話人

上杉 世話人
福の会参加:2013年〜
世話人就任:2013年〜

開催地(備後)のご紹介

備後地区の中心・福山は、人口約47万人(2015年現在)、朝夕福山城の天守閣を見上げ、春にはタイ網、市内はバラの花が町いっぱいに咲き乱れる美しい町です。また、2003年4月25日に大型商業施設「福山ロッツ(現在のリム・ふくやま)」が誕生し、さらにお買い物に便利になりました。

 

=備後ってどこのこと?=

山陽道八か国の一国。古くは吉備国の一部。大化改新後に備前・備中・備後の三か国に分割されて成立。廃藩置県後岡山県に統合され、のち広島県東部となる。
(国語大辞典「言泉」より抜粋)

入会の手引き

会員2名の推薦があれば、入会できます。

2016年12月5日更新