千の福net ほろ酔い飲みュニケーション

千の福カレンダー|日々のしあわせ千の福暦

2006年11月1日(水)

酒鍋パーティー

毎年10月1日の「日本酒の日」にちなんで行う酒鍋パーティと、11月11日に行われる「新酒祭り」の酒鍋の試食会として、酒鍋パーティーを行いました。
約70名の社員が参加しました。

 

酒鍋は肉、魚、野菜を主体に、お酒と魚のアラのだしに味噌を入れた去年とは違う酒鍋でした。たくさんの日本酒を入れていますが、アルコール分は蒸発させるため、お酒の旨みだけが残ります。
酒鍋が完成すると、待ってましたとばかりに「乾杯!」の発声とともに酒鍋パーティーが始まり、すぐに大きな鍋の回りには人だかりが出来ました。

今回は味噌を使います いい香りがします 乾杯!

会場では「精撰Vパック」の熱燗が振舞われました。これからの季節はやっぱり熱燗がいいですよね!
今年の酒鍋は味噌仕立てということもあり、鍋を食べた後には味噌ラーメンに大変身!
とてもおいしい酒鍋と千福のお酒を皆で囲み、心も体もとっても温まりました!

2006年11月11日(土)

千福新酒祭り

皆様の日頃のご愛顧に感謝して、年に一度の「千福新酒祭り」を開催いたしました。
ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

2006年11月16日(木)

第35回 企業と消費者との対話

中国新聞社・社団法人広島消費者協会主催「企業と消費者との対話」が行なわれました。
ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

2006年11月21日(火)

きき酒フェアinシャレオ

シャレオ中央広場で、広島国税局主催「平成18年 清酒鑑評会」にて優等賞を受賞したお酒を無料できき酒することが出来ました。千福では、下記のお酒が受賞しました。

 

◎平成18年広島国税局清酒鑑評会 優等賞受賞
吟醸酒の部 「呉宝庫」「吾妻庫」
純米酒の部 「特別純米酒 天日乾燥米酒」(常温)
本醸造酒の部 「特撰 黒松」(燗・40℃)

 

会場には多くの方が並び、開場の時を待っていらっしゃいました。
受付の際にアンケートと試飲コップを受け取り、中へ入ります。
※この時、「未成年者ではないこと」「車を運転しないこと」の確認がありました。

会場の様子です 開場前に長蛇の列 開場後の広場です

会場内では「純米酒(常温、燗酒)」「色々なタイプのお酒」「本醸造酒(常温、燗酒)」に分けられ、種類や温度の違いも楽しめました。
弊社商品「天日乾燥米酒」「特撰 黒松」の他に、色々なタイプのお酒コーナーには「深味」「古酒」もありました。
会場には若い女性も多く、準備されていた『和らぎ水』を飲みながら、皆さん好きな温度できき酒を楽しまれていました。
※和らぎ水とは…日本酒を飲みながら飲む水のことで、酔いを和らげ、深酔いしないために飲みます。

天日乾燥米酒 特撰 黒松 深味
古酒 燗酒ブースです 和らぎ水

会場にて、きき酒を楽しまれていた方にお聞きしました。
「いつもは千福を飲んでるんだけど、こういうところでは色んなお酒を飲めていいね」
「たくさんの種類のお酒が飲めて楽しいよね」
お答えいただき、ありがとうございました。
皆さん、楽しそうに試飲されていたのが印象的でした。